今月のベストカップル

今月のベストカップルイメージ

03

「絆」をテーマにした
ファミリーウエディング。

新婦の念願だったパーティ中のチアリーディング演出。MAW編集室記者が、担当したウェディングプロデューサー栁原さんに演出のポイントを尋ねます。

Wedding Planner

ウェディングプロデューサー:友江 由貴

ウェディングプロデューサー
澁江 亜希

大学で映画研究のサークルに所属。製作工程を通じ「力を合わせて取り組むこと」の喜びを知り、チーム仕事の側面が大きいプランナーを志す。経験を生かし、多彩なアイデア提案も。

Wedding Data

  • 新郎:林 桂太郎さん
  • 新婦:あんなさん
  • 挙式日:2013年6月1日
  • 挙式会場:シルヴァーナ・カテドラル
  • 披露宴会場:アリアグレイス

今回はお子さまがご一緒だったとか。

3人のお子さまと念願のファミリー結婚式を!と、お越しくださいました。お子さんの名前や、桂太郎さんが経営する会社の名に「絆」という意味の言葉が使われていたりと、「絆」を大切になさるご一家で。パーティのテーマも「絆」になったんです。

イメージ

演出のポイントは?

リングボーイ&フラワーガールや、ファーストバイトで子どもたちに登場してもらい、愛らしい姿に会場中が笑顔に包まれました。披露宴ではお二人が所属する「随兵 肥後一會」による演舞も。また、普段から記念日のサプライズを欠かさない桂太郎さんから、新婚旅行プレゼントの発表があった際には、あんなさんが涙しておられました。

イメージ

ファミリー婚で大切にしているのは?

準備〜本番を通じてリラックスして望んでいただくためにも、お子さんに負担がかからないよう努めるのが一番。打ち合わせが長時間にならないようにしたり、お子さんの機嫌のいい時間帯にご来館いただけるよう調整したり。子どもイスやベビーベッドを用意するのはもちろん、リハーサル時は私が抱っこでお預かりすることも。最近は、あやしているうちに泣き止んでくれるようにもなったんですよ!
また、「マリエール神水苑」の庭は子どもたちにも大人気。ご家族やご友人にご同席いただける際は、庭で遊びながらお待ちいただくこともできますし。お子さん方の無邪気な笑顔を見ると、こちらまでうれしくなりますね。

イメージ

これから、どんな仕事をしていきたいですか?

マリエール神水苑として、チーム一丸となって取り組むのが結婚式の仕事。そのなかでも担当が私でよかった!と思っていただけるよう、満足のいくサポートをするのが目標です。まずはお客様に心の扉を開いていただけるよう努めるのが先決。お聞かせいただいたヒントをもとに、「それいい!」と笑顔になっていただけるような提案をこれからもしていきたいですね。

イメージ


pagetop