今月の『ル・キャトル』おすすめグルメ

召しませ、涼。水辺で味わう初夏のディナー

『LE QUATRE』に、早くも夏がやってきました。
初夏のディナーは、夏の暑さを乗り切るシェフのアイデアが満載です!
おいしいスタミナ食として、先人にも愛された夏の味覚の代表格カツオは、農園野菜の彩りとショウガの風味でさっぱりと。和と洋が融合したお箸でいただけるフレンチは、気取らぬ夏の宴にもぴったりです。
おすすめは夕刻からのご来店。明るいうちに庭を散策し、時とともにうつろう景色を眺めながらお食事を。キャンドルの灯やライトアップされた庭の夜景もまた、ごちそうです。

水辺で味わう初夏のディナー イメージ

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

召しませ、涼。水辺で味わう初夏のディナー

暑い日にこそ食べたくなる、さっぱり&コクのあるディナーが今月のコンセプト。メインには赤身やサシのあるお肉ではなく、やわらかくしっとりとした食感が特徴のひな鶏をチョイスしました。
ビタミンやミネラルたっぷりの南国フルーツのデザートは、美を気遣う女性にもおすすめです。キリリと冷えたスパークリングワインで乾いたのどを潤して、夏の滋味をゆっくりとお召し上がりください。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

夏のディナーコース『YAMABOUSHI(やまぼうし)』の前菜は、カツオと相性のいいサーモンに、夏野菜を添えた初夏のテリーヌ。泡状にしたポン酢ベースのソースが軽やかです。また、メインのひな鶏に添えたのは、マデラワインをベースにトリュフのうま味を加えた、ほんのり甘めのソース。スッキリとしたのど越しのワインにもぴったりです。デザートプレートにちょこんとのった白ワインジュレがなんとも爽やか。

[写真左]初カツオのミ・キュイ、タスマニアサーモン、夏の農園野菜で創ったテリーヌほんのりと生姜の香りで [写真中央]ヴァンデ産コクレ・ジョンヌ(ひな鶏)のロティとぺリゴール産フォアグラのポアレ [写真右]バナナとアボカドのムース、パッションフルーツのチュイルとソルベを添えて

対談:テラスごしに眺める夕〜夜景。記念日にはサプライズのお手伝いも | 三角 康一郎(ソムリエ)×志知 洋紀(バンケット・レストラン)

三角 - つい先日までは、ホタルが舞っていましたよね。

志知 - 毎日、ライトアップもしているのでムードも抜群。ご予約時にお申し付けいただければ「テラスに近い席」を優先的にご案内することもできますし。

三角 - 庭を眺めながら泡物で爽やかに乾杯、っていうのもいいですよね。セラーにはシャンパーニュや、お手頃なニューワールドのスパークリングワインなども常に揃っています。料理だけでなくワインも季節がわりのご提案をしているので、その相性を楽しみに、毎月お越しになるお客様も多いんですよ。

志知 - そういえば、記念日にお越しくださる方も多いですよね。花束やバースデーケーキのほか、コース料理のデザートプレートにメッセージをしたためるなどのサービスなど、ちょっとしたサプライズもご相談いただきたいですね。


pagetop