ソムリエのいるレストラン「RE QUATRE」の愉しみ

ご存じですか?マリエール神水苑のレストラン『LE QUATRE』には、常時600本
以上のワインをストックする、大きなセラーがあることを。
県内最大級の品揃えを誇る、このセラーのラインナップを支えているのは、シェフ
ソムリエの山本を筆頭に、前田、三角という3人のソムリエです。レストランでお食
事やウエディングシーンといった毎日の接客を通じて、季節を映すシェフの料理と
庭に流れるひとときをより一層、ステキに味わうワインの提案をしています。

  • イメージ
  • イメージ

第5回 神水苑ワイン倶楽部.~モエ・エ・シャンドンとの一夜~

4月20日土曜日。ホタルが舞いはじめたばかりの庭に一人、また一人とゲストがやってきました。今宵は『神水苑ワイン倶楽部』の日。"ワイン倶楽部"というフレーズに堅苦しさを覚える方もいるかもしれませんが、ご心配なく。普段からワインを召し上がる方はもちろん、料理とワインを純粋に楽しみたい方にもうってつけの、年に2回のイベントです。
5回目となる今回は、~モエ・エ・シャンドンとの一夜~と題し、モエのシャンパーニュと春の料理が饗宴する夕べとなりました。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

ウェルカムシャンパンを手にしたゲストを、ピアノとコントラバスの生演奏が出迎えます。テーブル上には、グラスが4つ。シェフソムリエの山本が今宵のワインを紹介し、ほどなくして前菜が運ばれてきました。さあ、いよいよワイン会のスタートです。ソムリエに声をかける人や、食事とお酒に酔いしれる人など、それぞれの~モエ・エ・シャンドンとの一夜~がそこにはありました。

[写真左上]モエ・エ・シャンドンのシャンパーニュでお出迎え
[写真右上]カナダ産活オマール海老とサヨリのマリネ、色鮮やかな春野菜のコンポジション
[写真下]ライトアップされた庭をバックに、心地よい調べが響き渡る

対談:ワインと料理をゆっくりと。意外な発見もお届けしたい | 山本 円(シニアソムリエ)×前田利彰(シニアソムリエ)

山本 - モエ・エ・シャンドンは、世界で最も有名で最も愛されているシャンパン。きめ細やかな泡だちとキレのある味わいは、シャンパーニュの中でも筆頭格といっても過言じゃない。お料理を選ばないオールマイティなお酒です。

前田 - 今夜、シェフが用意したのは春の食材を満載にした全9品のフルコース。これまでの『神水苑ワイン倶楽部』では、合間合間でソムリエの話を織り交ぜていましたが、音楽とワインと料理をゆっくりと味わっていただきたくて、3人のソムリエが各テーブルにおもむいて、お話をしています。

山本 - 今夜の赤・白ワインは、栽培条件で味わいが変わるブドウの品種からセレクトしたんですよ。ニュージーランドのソービニヨンブラン、チリのシャルドネ、オーストラリアのシラーズなど。意外な発見を楽しんでいただけたらいいよね。

イメージ


pagetop